定年から稼ぐトレード戦略

日経225先物システムトレードは儲かるか?無料シグナル開始1か月の成績!

      2016/12/17

8月から始めた日経225先物のシステムトレードが、1ヵ月を過ぎました。
これまでの累積利益ををグラフにしました。

開始1か月の成績のグラフ

20160914221807

9月14日(水)日中の取引を終えたところまでの、累積利益は

118,806円です。

これは、日経225min 1枚で取引をした累積利益です。

日経225min 1枚の取引に必要な証拠金は、78,000円です。

8月の中旬までは、順調に利益を重ねていたんですが

今は、停滞しています。

新規に始めるには、いいチャンスですね。

利用しているのはどんなシステムトレード?

利用しているシステムトレードは、日中と夜間の2回、寄り引けトレードを行います。

寄り引けトレードシステム

寄り引けトレードとは、

日中トレード

8時45分に始まる日経225先物の寄付きに間にあうように

売りか買いの注文を、枚数を指定して入れます。

値段は、成り行きです。

決済は、午後3時15分の大引けに、成行き決済で行います。

夜間トレード

4時30分の夜間市場のオープンに間に合うように

寄付前に成り行き注文を入れます。

決済注文は、翌朝午前5時30分の引けに間にあうように

成行きの注文を入れます。

日経225先物の寄り引けシステムトレードの特長

  • シグナルにしたがって、注文を入れるだけなので、誰でもできる。
  • エントリーは、寄付きの前に注文を入れるので、誰が注文しても同じ値段(その日の始値)で約定する。
  • 決済は、引けの成り行き注文をするので、これも誰が入れても同じ値段(その日の終値)で約定する。
素人でもプロでも、寄付き、引け値売買をしている限り、トレード技術の差は全くありません。

シグナルの確かさだけが、利益を出せるかどうかの違いを出します。

今日、9月14日の日中の結果は

始値 16480

終値 16480

で引き分けでした。

夜間(ナイト)は

始値 16490

結果は、また。

 

9月15日 朝

昨夜のナイトトレード結果

始値 16490

終値 16330

シグナルは売りだったので

+16000円

でした。

 

 

 - コツコツ特典