定年から稼ぐトレード戦略

デブトレFX成績マイナス幅拡大&改善策 2月1日~2月5日の成績

      2016/02/14

2月1日から5日までの成績

NYダウ、ドル円の1日ごとの成績をまとめました。
これは、デブトレFXのシグナルを利用してエントリーし、推奨値に近い一定値で決済する自動取引の成績です。取引条件は、ページ最下部をご覧ください。
日付 NYダウ ドル円 スワップ 合 計
損益 成績 損益 成績 損益 成績
2月1日 -136 0勝2敗  -34.61 0勝1敗 -170.61 0勝3敗
2月2日 96 1勝0敗 -17.25 1勝2敗 78.75 2勝2敗
2月3日 -111 2勝4敗 -3.35 2勝3敗 -114.35 4勝7敗
2月4日 -28 2勝2敗 -0.60 1勝2敗 -28.60 3勝4敗
2月5日 -128 0勝4敗 -111.51 0勝2敗 -239.68 0勝6敗
合 計 -307 5勝12敗 -167.32 4勝10敗 -474.32 9勝22敗
表1:2月1日から5日までのNYダウ、ドル円の日ごとの成績。損益の単位はドルですが、Pipsにも置き換えられます。

NYダウは-307ドル(-307Pips)、ドル円は-130.49(-130.49Pips)で、トータルは437.49(Pips)のマイナスでした。

先週、損切設定をデブトレFXと同じになるようにプログラムを変更した時に、バグが有りました。バグの影響は、NYダウの取引でドル円とトレンドが逆行した時のエントリーに出ました。

バグの内容は、エントリー後すぐに決済してしまうことです。

3回の取引に影響がありましたが、その内訳は、-60Pipsの損切をせずに済んだのが2回、決済しなけば70Pipsの利益を出せたのが1回でした。トータルでは、バグの影響が50Pipsの損失を出さずに済んだという結果でした。

2月5日は米国雇用統計の発表日でした。ドル円で買いエントリーしていますが、同じ足の中で損切しています。これは、指標発表時のスプレッド拡大による影響と思われます。

20160207004821図1:2月5日の取引終了時のチャート

(このEAでは、ポジションを持っている間は、新規のポジションは持たない設定です)
1月初めからの取引開始からの成績
デブトレFX トーレド成績  単位:ドル
NYダウ ドル円 スワップ 合 計
1月4日~1月8日 94 -185.73 -91.73
1月11日~1月15日 553 106.96 -0.63 659.33
1月18日~1月22日 -836 -57.48 -1.20 -894.68
1月25日~1月29日 79 -30.98 -3.19 44.83
2月1日~2月5日 -307 -167.32 -474.32
期間合計 -417 -334.78 -5.02 -751.55
表2:1月初めからの取引の週間成績

1月に取引を始めてからのトータルは、NYダウ-417ドル(417Pips)、ドル円-316.79ドル(-316.79Pips)で大きく負けています。

今週、最大ドローダウンが更新され、1 317.57ドル(Pips)になっています。

20160207161644

グラフ1:1月初めからの損益グラフ。縦の赤線あたりが今週の取引の初め。縦軸の50000が損益ゼロのスタートラインです。

ここをクリックすると1月初からの全取引記録を見ることができます。
デブトレFX成績の改善策
デブトレFXでは、NYダウの利確設定が、100Pips (ドル円逆行時は70Pipds)に対して、損切幅は60Pipsが推奨されています。これは、3勝5敗で損益がとんとんになります。

先週の勝敗は5勝12敗、先々週は6勝11敗でした。2週間では11勝23敗になります。

この成績で負けないためには、損切額の2.1倍の利益を出す必要があります。

つまり、利確値126Pips(=2.1×60Pips)が、この条件に当ります。

実際にチャートを見てみると、今のNYダウの値動きでは利確幅をもっと拡げたほうが良い結果になると感じます。150Pips、170Pips位を検討してもよさそうです。

ポジションがあるときは、追加のポジションをとらないという制限をしているので、損切幅を変えてしまうと、他の条件が変わるので、まずは、利確幅だけを変えてみるのが良いと思います。
デブトレFX・EAのプログラムを変更しました。
利確幅指定のバグ修正とスプレッドが設定値より大きいときは、エントリーをしないように変更しました。

重要指標発表時のスプレッド拡大に備えた処置です。

 

注1)EAによるトレードは、デブトレFXのエントリシグナルに従ってエントリーし、決済はデブトレの推奨方法とは違い、固定値で決済しています。そのため、デブトレFXの推奨トレード方法とは異なっています。

(注2)今回設定している取引単位は、NYダウがFXProの最小取引単位の1ロットです。これは、1Pips当り1ドルの取引です。

ドル円の取引は、0.2ロット(20000通貨単位)です。

この取引に必要な証拠金は、NYダウ33ドル、ドル円40ドルです。同時に両方のポジションを持った場合の必要証拠金は73ドル、1万円弱です。

トレードはデモ口座で行っています。

 - フォワードテスト